たぬきの泉

生活のお役立ち情報や豆知識を更新していきます。

行事

七夕に食べる食べ物とレシピを紹介!

投稿日:

「七夕」といえば、天の川を挟んで夜空に輝く「織姫」と「彦星」が年に一度だけ会う事を許された話が有名です。

1年に一回しか会えないなんてロマンチックですよね。

しかし、星の寿命は10億年もあります、それを人間の寿命100 歳で換算すると、「織姫」と「彦星」は3秒に1回は会ってることになります…笑

人に換算させると結婚している夫婦よりも会っているんじゃないでしょうか(ー_ー)!!

 

そして七夕の日である7月7日は「星祭り」とも言われる五節句の1つです。

正直、私は最近まで7月7日が節句であると知りませんでした(^_^;)

 

節句と言えば行事食がありますが3月3日の桃の節句はちらし寿司、はまぐりのお吸い物、菱餅、ひなあられ、甘酒など挙げられますが七夕の節句は何を食べるのでしょうか。

これから私が紹介するものは七夕に食べる食べ物レシピについて紹介していきます。

スポンサーリンク

七夕に食べるもの

七夕に食べる行事食は「そうめん」です。

なんでそうめん?と疑問に思った方もいるでしょう

暑い夏に何気なく食べていたそうめんは七夕の日に食べる行事食だったのです。

七夕にそうめんを食べる理由

大昔に中国の帝の子供が7月7日に亡くなりました。その子が霊鬼神となって熱病を流行らせてしまいます。そこで人々は帝の子供が好物だった「策餅」を供えることで祟りを鎮めました。それから中国では七夕の日に「策餅」を食べるようになり、平安時代に日本にもその習慣が伝わってきました。

それから日本では中国と同じ材料を用いて作った「むぎなわ」という食べ物を七夕の日に食べるようになりました。それが今は舌触りのよい素麺へと変化し、七夕にそうめんを食べるようになったようです。

今でも日本ではそのときの習慣が残っていて、中国の故事から7月7日に食べるそうめんのことを「鬼の腸(はらわた)」と呼んでいます。

そうめんを使った七夕レシピ

せっかく七夕の日なのに普通にそうめんを食べるのもつまらないですよね。ここではクックパッドでも人気のあるそうめんを七夕風にアレンジしたレシピを載せておきますね。

Cpicon 七夕に・暑い夏に☆≪そうめん弁当☆≪ by かずみんちゃん

 

Cpicon ランチ・七夕に素麺アレンジ簡単ピビン麺♡ by ♡海猿の嫁ちゃん♡

 

デザート

おまけにデザートの七夕ゼリーレシピも載せておきます。

Cpicon 簡単♡キラキラ七夕ゼリー by のん✳︎のん

 

天の川が見える方向

 

七夕と言えば天の川があります。天の川は肉眼で見ることができ、見える方角は南東です。見え方や高度は各地方で若干違います。

私は生まれてこの方天の川を見たことがありません(*_*)

住んでいた場所が悪いのか。山や海のほうが綺麗に天の川を見ることが出来そうですね。そして、7月7日は曇りや雨が降っていることが多いと思うのは気のせいでしょうか・・・。

今年こそは天の川を見てみたいものです。もし7月7日に見ることができなければ旧暦の7月7日に見るといいかもしれません。因みに2017年の旧暦の7月7日は8月28日です。

 

そうめんを食べながら南東に見える天の川を見るのも風情があっていいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は七夕に食べる食べ物やその由来について紹介してきました。

これで七夕って何を食べればいいの?って悩む必要はなくなりましたね。

おまけで天の川の見える方角について書かせていただきました。

ぜひ今年の七夕は家族みんなで楽しんでください!(^^)!

 

 

 

 

スポンサーリンク

-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした