たぬきの泉

生活のお役立ち情報や豆知識を更新していきます。

山形観光

山形県花火大会2017年の日程。場所や駐車場情報も紹介!

投稿日:2017年5月23日 更新日:

夏の風物詩「花火」
毎年日本各地で行われています。

私も花火大会は地元を含め毎年花火大会を見に行っています

私の地元である山形県でも各地で様々な花火大会が行われます。
「今年はどこの花火大会に行こうかな?」と考えている方も多いと思います。

今回は今年の山形おすすめの花火大会をまとめました!

 

2017年の山形県花火大会の日程と場所そして駐車場情報!

※例年のデータを参考にしているところもありますので日程等が変更される場合がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

東北花火大会

  • 2017年7月30日19時30分~21時
  • 荒天の場合:小雨は決行、荒天時は中止
  • 場所:山形県米沢市  松川河川敷⇒地図はこちら
  • 打ち上げ予定数:約3000
  • 見所:米沢市のシンボルである吾妻山を表現した全長200m、高さ20mのナイアガラ。
  • 交通 :JR米沢駅から徒歩15分、東北道福島飯坂ICから車で45分
  • 駐車場:米沢市役所470台無料

酒田花火ショー

  • 2017年8月5日(土) 19:30~21:00
  • 場所:山形県酒田市 最上川河川公園、出羽大橋と両羽橋の中間地点⇒地図はこちら
  • 打ち上げ予定数:12,000発超
  • 交通:JR酒田駅よりシャトルバス15分
  • 駐車場:2000台

山形大花火大会

  • 2017年8月14日(日) 19:00~21:00
  • 荒天の場合:小雨決行、荒天中止
  • 場所:山形県山形市大字下反田 須川河畔 反田橋付近⇒地図はこちら
  • 打ち上げ予定数:15000~20000
  • 交通: JR山形駅から臨時シャトルバスで25分 ※JR山形駅・山形ビッグウィング・あかねヶ丘陸上競技場・県工業技術センターから有料臨時シャトルバス(片道大人500円)運行。
  • 駐車場:指定の駐車場がないので交通機関の利用をおすすめします。

赤川花火大会

  • 2017年8月19日(土)19:15~21:00
  • 荒天の場合:小雨決行、荒天延期
  • 場所:山形県鶴岡市 赤川河畔(羽黒橋から三川橋) ⇒地図はこちら
  • 打ち上げ予定数:約12000
  • 交通:交通 JR鶴岡駅から徒歩30分、山形道鶴岡ICから車で15分、庄内空港からリムジンバス鶴岡行に乗り40分 ※JR鶴岡駅から有料臨時シャトルバス運行
  • 駐車場:あり 約1000台 有料 ※周辺民間駐車場を利用、その他に鶴岡中央工業団地各所(鶴岡市宝田地内 協力会社駐車場)、鶴岡東工業団地各所(鶴岡市宝田地内 協力会社駐車場)、鶴岡市櫛引総合運動公園(有料シャトルバス運行)に無料駐車場あり

こちらで赤川花火大会について詳しく書きました

赤川花火大会2017年の日程や見所!穴場スポットも紹介!

1番のおすすめ花火大会!

私がおすすめする山形の花火大会は赤川花火大会です。

赤川花火大会は日本の花火100選でベスト10に入り、全国の花火大会で屈指と評価を得ています。

 

いかがでしたでしょうか。

今回は2017年の山形県のおすすめの花火大会を紹介しました。

今年見に行く花火大会は決まりましたか?

是非、恋人、家族や友人と山形県の花火大会を見に来てください!

では!

 

 

スポンサーリンク

-山形観光
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤川花火大会2017年の日程や見所!穴場スポットも紹介!

  2017年も徐々に赤川花火大会が近付いてきました! 日本の花火100選でベスト10に入り、全国の花火大会で屈指と評価を得た赤川花火大会です。 例年、約30万人以上で賑わいます。全国トップ …

山形花笠まつり2017年の日程。アクセス方法や見どころを紹介!

こんにちは!管理人のまめだぬきです。 地元である山形の伝統あるお祭りである花笠まつり! 青森の「ねぶた」秋田の「竿燈祭」宮城の「七夕祭り」。 そして山形の「花笠まつり」が東北4大祭と言われています & …

日本一の大噴水!月山湖へのアクセスや噴水の見どころを紹介!

先日、山形県の西川町にある「月山湖」に行ってきました! 月山湖には有名な噴水があります。 なんと高さは112mもあり日本で1位、世界では4位の高さを誇る噴水です。 スポンサーリンク 日本一という言葉に …

行ってよかった!山形県のおすすめ紅葉スポット3選

スポンサーリンク 県域の大半を山地が占めている「山」形県。その中央を最上川が流れており県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、 この地で松尾芭蕉は「五月雨 をあつめてはやし 最上川」の句を詠んでいま …