生活のお役立ち情報や豆知識を更新していきます。

たぬきふる

豆知識 Apple返金申請

5分で完了!Appleの返金申請をしてみたので手順を紹介する

更新日:

「課金するつもりがなかったのにしてしまった。」「別のアイテムを購入してしまった」

この記事はそういった方に向けて書いています。

最近のiPhoneは指紋認証や顔認証があり、設定をしていないと簡単にアプリで課金をすることができてしまいます。

そのため、私自身も誤って課金をしてしまったということが実際にありました。

そこで、appleの返金申請が通るまでの流れを簡潔に説明していこうと思います。

スポンサーリンク

返金申請の流れ

私は今までに3回返金申請を行っていますがすべて申請が通っています。

(1)iTUNESを開いてストアを開いて「アカウント」をクリック

 

iTUNENSを開いてアカウントと言うところをクリックしましょう。

(2)購入履歴の欄の「すべて見る」をクリック

上記でアカウントというところをクリックすると「アカウント情報」と書かれたページに移ったと思います。

下にスクロールしていくと「購入履歴」があります。そこにある「すべて見る」をクリックしてください。

スポンサーリンク

(3)返金申請をしたい履歴を選ぶ

すごーく見づらい画像で申し訳ありません・・・。

こちら購入履歴の画面になります。この画面で返金申請をしたいアプリの「①さらに見る」をクリックを押して、「②問題を報告する」をクリックしてください。

そうすると問題(返金申請理由)を詳細を記入する画面へと移ります。

(4)申請理由を記入する

  • この購入を承認していない
  • このアイテムを誤って購入した
  • 他のアイテムを購入するつもりだった
  • アイテムがダウンロードされない、または見つからない
  • アイテムがダウンロードできない、またはダウンロードに時間がかかる
  • アイテムを開くことができるが想定通りに動作しない

この中から自分の状況にあった理由を選んで返金してほしい理由を書いてください。

返金理由を書いて送信を押したら返金申請終了です。

どうでしたか?簡単でしょ?

(5)申請の進捗確認

申請が完了するとこのような画面になります。

返金申請をして進捗を確認したい場合は⇒進捗確認で確認してください。

私の場合早くて1週間、遅くて1か月以上返金にかかったことがあります。

気長の待つことをおすすめします。

Appleの返金申請まとめ

いかがでしたでしょうか。

申請の手順がわかっていないと手間取ってしまいますが紹介した手順で返金申請を行えば5分程度でできます。

もし、何か理由があって、返金したいと思ったら参考にしてみてください。

この手順で行っても「この購入は返金の対象になりません」と表示される時があります。

そのときはこちらの記事を参考にしてください。

「この購入は返金の対象になりません」と表示されても返金申請を行う簡単な方法

 

スポンサーリンク

-豆知識, Apple返金申請
-

Copyright© たぬきふる , 2018 All Rights Reserved.