生活のお役立ち情報や豆知識を更新していきます。

たぬきふる

メルカリ

メルカリで「切手」が削除される!出品できる切手について問い合わせてみた

更新日:

スポンサーリンク

「切手」が出品禁止商品に!

メルカリで「切手」が10月末くらいから出品ができなくなったそうです。

私自身、「切手」の出品はしたことはありませんが「切手」のコレクションをしていた人からすれば中々の痛手なのではないでしょうか。

なぜ、出品が禁止になったかの経緯等はメルカリから発表はありませんでした。

そこで、今回はなぜ「切手」が出品になってしまったのか、現在出品可能な切手やハガキについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

今まで「切手」の出品ができていた理由

切手というものは先程言ったように「コレクション」として価値があるものとして出品が可能でした。

なぜなら、カテゴリでも下記のような手順で「切手」が出品できるものだったからです。

カテゴリ>エンタメ・ホビー>コレクション>切手/官製はがき

また、メルカリ内では「コレクター」が購入するのはもちろんですが、無償ポイントの消化に用いられたりしていました。

そして、近日まで切手はメルカリで出品可能でしたが他のフリマアプリでは、以前から出品禁止だったアプリもあったようです。

なぜ、「切手」の出品が禁止になったのか

このことについては、メルカリから発表はありませんでしたが、切手の大量出品などが増えたことから「マネーロンダリング」に使われる恐れがあったためではないでしょうか。

このことについてあまり詳しくはないので詳しく知りたい方は別途検索していただけたらと思います。

電子マネー、金券類や郵便切手などでもマネーロンダリングを行われているといいます。

しかし、今まで「電子マネー、金券」については、すでにメルカリで禁止出品物として扱われていましたが「切手」は対象外でした。

スポンサーリンク

このことを考えると、元々「切手」は「グレーゾーン」の出品物で、今回やっと対策されたと考えていいでしょう。

全ての切手が出品禁止ではない!

しかし、今現在も出品のときに選択するカテゴリにも「切手」は存在します。

「え!切手は禁止になったんじゃないの?」と思いますよね。

切手と言っても厳密にいうと「未使用の切手(円)」が禁止になったようです。

そ・こ・で!

お問い合わせをしてどのような切手であれば出品可能か聞いてみました!

メルカリで現在も出品可能な「切手」

先日、メルカリにどんな「切手」であれば出品していいのか。

お問い合わせをした結果を切り取ったのが下記になります。

■出品可能な切手
---
・使用済みの切手(消印が押されているもの)
・切手の単位が銭/圓のもの(未使用、使用済)
・外国切手
・官製はがき、年賀はがきなど
---

これから切手を出品したい人からすれば、とても有益な情報なのではないでしょうか!

単位が「円」かつ未使用の切手に関しては「出品不可」だが、それ以外は「出品可能」だということです。

まとめ

メルカリで「未使用の切手(円)」が禁止出品物になりましたが、これもメルカリ内での犯罪を減らすためのものだったのだと思います。

だとしても、そのことについて通知はするべきであると思いますね。

今現在、出品できる切手は

  • 使用済みの切手(消印が押されているもの)
  • 切手の単位が銭/円のもの(未使用、使用済み)
  • 外国切手
  • 官製はがき、年賀はがき

これらの出品は問題ないようなので、違反のないようにメルカリライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-メルカリ
-

Copyright© たぬきふる , 2018 All Rights Reserved.