たぬきの泉

生活のお役立ち情報や豆知識を更新していきます。

暮らし・生活

子どものための「お金の学習」と5つのステップ

投稿日:

子供のいる親御さんは子どもに生活習慣や勉強については厳しく教えている家庭は多いのに、「お金の大切さや管理方法を教えていない」。そんな家庭が多いように感じます。

子供の頃に片付けだったり歯磨きを習慣づけないと大人になった時に身に付かないように、お金の教育を子供にしてあげないとお金で苦労することになります。

年金などの社会保障があてにならなくなっていくこれからの時代。

「無計画にお金を使ってしまって生活苦になってしまった」「貯金ができず借金を重ねてしまった」

そうならないように自分でお金を管理ができる力をつけさせてあげましょう。

「お金の管理が苦手かもしれない」そう感じている親御さんでも大丈夫です。

そんなあなたも今から紹介する5つのステップを用いて子どもにお金の基本について教えてあげましょう。

スポンサーリンク

お金の学習!5つのステップ

Step1 お駄賃制でお小遣いを開始!

小学校に上がったら、お小遣いは「お駄賃制」にしましょう。お風呂掃除は20円、皿洗いは30円などルールを決めて手渡しします。お手伝いをしてくれたら褒め、お駄賃を渡します。

子どもは「働くことの対価としてお金がもらえる」ということを学びます。

子どもに仕事を決めさせよう!

欲しいものがあるのにお金が足りない時に自分で仕事を見つける自主性が生まれます。

仕事を最後までやったかしっかり確認をしてからお駄賃を渡しましょう。

 

Step2 予算内でやりくりする方法を教える

子どもにお小遣いを渡すと「もう使っちゃったの!?」「こんなもの買って!」と文句を言いたくなる時が来ると思います。

でもそこは我慢しましょう。

子どもは無駄づかいや失敗をして「無駄遣いをしていると本当に欲しいものが買えない」ということを覚えていきます。

親は手を出さず見守ることが大切です。

あなたの子どもは散在タイプ?と貯金タイプ?

お小遣いをあげると、お金の使い方に特徴がでてきます。お金を持つと使わずにはいられない「散在タイプ」とお金を使うより貯めることが好きな「貯金タイプ」があります。

散在タイプの子にはStep2を徹底して教えましょう。貯金タイプの子には目標を設定して貯金して使う楽しさも覚えさせましょう。

Step3 お小遣いをお駄賃制から定額制にする

小学2、3年生になり、頼んだ仕事ができるようになったら、定額制への切り替える時期です。仕事をしっかりしてくれるようになったら褒めてあげると子供は喜んでがんばります。

金額は子供と話し合って決めましょう。学校で買うものは親が買ってあげ、子供の趣味のもはお小遣いでと線引きをすると月のお小遣いを決めやすいと思います。

すぐ使い切っても前借りはダメ!。翌月まで我慢させましょう。

お金がないことは心細さを経験することで、やりくり力がついていきます。お小遣いを上げてほしいと言われたら納得できる理由をプレゼンさせましょう。

 

Step4 貯金の意味を教える

小学校の中学年になったら予想外の支出がに備えて手元のお金とは別に貯金する必要があることを教えましょう。

「値段が高く欲しいものは貯金すれば買えること」「洗濯機や冷蔵庫が急に壊れた時に貯金がないと困ること」等、具体的な物を例に挙げて子供に教えてあげましょう。

子どものお年玉など、預けるときは一緒に通帳を見せてあげるといいでしょう。

Step5 高額でも欲しいものは自分で買わせる

小学校高学年になるとゲーム機や音楽プレイヤーなど高額なモノを欲しがる場合もあります。だからこそ、どうすれば手に入るかを考えさせましょう。

お小遣いとお年玉だけで買うには毎月いくら貯金すればいいのかプランを練ったり、ネット通販で買える最安値を探したりと苦労して手に入れたときには達成感が生まれます。

この経験が何か欲しいものがあっても飛びつかず本当に欲しいのか考える習慣をつけさせます。そして、限られた収入の中で優先順位をつけられるようになります。

スポンサーリンク

 お金教育のこんなときどうする?

祖父母がお小遣いをあげすぎる

教育方針を祖父母に話して理解してもらいましょう。毎回お小遣いをもらうようにするのではなく年に1回まとまったお金でもらい、貯めておきましょう。

お金の感覚が違う家庭を羨ましがる

「うちはうち、よそはよそ」

これを徹底しましょう。お金のかけるところは、各家庭で違います。

例えば「よそではゲームにお金を使っているけど、うちでは家族旅行に使っているの」と具体的に説明してあげると良いです。

 

「お金の基本」の学習まとめ

お金の基本は「お金を増やす・貯める」「お金を稼ぐ」「お金を借りる」の3つです。

お金の正しい付き合い方を子どものうちに覚えておくことは大切です。

今回紹介してきた「子どものための「お金の学習」と5つのステップ」を読んでお金の教育の参考にぜひしてみてください。

スポンサーリンク

-暮らし・生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中学生に読ませたいおすすめの本4冊+1冊

スポンサーリンク 「中学生だからこそ読ませたい!」 私は中学生の頃にたくさんの本を読みました。 自分で気になって買った本や親に勧められ買ってもらった本など様々あります。 その中で今でも印象に残っている …

貯めることが楽しくなる!可愛い貯金箱4選

  スポンサーリンク 貯金箱を買ってもなかなか貯金って長続きしませんよね。 「かわいいデザインの貯金箱があるならモチベーション上がるのに」 そう思った経験はありませんか? そんなあなたも「貯 …

お風呂場に出るコバエの予防と駆除する方法

やはり今年もコバエが出ました・・・ 今年の発生源はお風呂場でした。 だから今回は風呂場に出るコバエである「チョウバエ」に特化して駆除する方法、予防などを詳しく紹介します。     …

家の中で発生したコバエの発生源と対策を紹介!

    家の中で「コバエ」を見つけたらとても不快な気分になりますよね。 スポンサーリンク ほっておいたら異常なスピードで増えていってしまい駆除することが大変になってしまいます。 家 …

挨拶をする範囲やタイミングを紹介!引っ越しの挨拶の品の相場は?

引っ越しをするときご近所の方に挨拶をするとき「いつ?」「誰に?」「何を持って?」伺えばいいのか、頭を悩ませてしまいますよね。   最初に挨拶に伺うことで地域の情報も得られるなど、円滑なコミュ …