生活のお役立ち情報や豆知識を更新していきます。

たぬきふる

洗濯・掃除

水位を気を付けるだけで洗濯機が効率的に使える理由

更新日:

「洗濯機を効率的に使えてますか?」

最近まで洗濯するときの水位選びはすべて洗濯機任せ。

洗濯機に入れられるだけ洗濯物を詰め込んでスタート。毎回水位は一番上で回していました。

だらしなく洗濯物を溜めこんでしまう私にも原因があります・・・。

しかし、近年では共働きの世帯が増えてきて洗濯を毎日するのもしんどい人もいるでしょう。

ただ、1番上の水位で洗濯をすることは効率が悪いのです。

スポンサーリンク

洗濯機の1番上の水位を使ってはいけない理由

例えば、パソコンやスマートフォンの内臓メモリがいっぱいでは動作がカクカクして本来の力を最大限に使えないのと同じです。

それと同じことが洗濯機にも言えるのです。

洗濯機も衣類をぎゅうぎゅうに詰められていては効果を最大限に発揮できません。

なぜなら、詰め込み過ぎてしまうと十分にかき混ぜることや汚れをたたき落とすことができないからです。

毎日少量をこまめに洗うのもNG!

「だったら毎日ちょっとずつ回せばいいんでしょ!」

そうお思いかもしれません。ですが、これも違うのです。

少なすぎても摩擦が起こらず汚れが落ちにくいのです。しかも、余計に電気代や水道代がかかってしまいます。

「めんどくさっ!」って思ったでしょ?

これから洗濯するのにベストな水位をお教えします。

効率的に洗濯するのにベストな水位は?

「容量の70%~80%」

これが洗濯物の汚れをしっかり落としてくれて、むだな電気代と水道代を出さずに済む水位です。

洗濯をするときに水位が毎回1番うえの水位になってしまうという方は次に洗濯機を買うときはもう一回り大きい洗濯機を購入することをおすすめします。

何回も洗濯をするのは正直ストレスです。中には楽しいとおっしゃる方もいるようですが少数でしょう。

そのストレスを考えたら数万円の差を気にせず一回り大きいものを買うべきです。

例えば、容量が5kgのものを使っている人は容量が8kgのものを購入するといいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

洗濯機の1番上の水位を使ってはいけない理由と効率よく洗える水位はわかりましたか?

今回お話したことをまとめると

  • 1番上の水位で洗うと十分にかき混ぜることや汚れをたたき落とすことができない。
  • 洗濯をするとき効率よく洗える水位は容量の70%~80%。

この2点を押さえていれば大丈夫でしょう。

今回は「洗濯機を効率的に使いたかったら1番上の水位を使うな!」を紹介してきました。

参考になりましたか?

こちらの記事も洗濯をするときに参考になると思います。

スポンサーリンク

-洗濯・掃除
-

Copyright© たぬきふる , 2018 All Rights Reserved.